住宅ローンと他のローン(多目的ローン、自動車ローン)などとの違い

このページでは住宅ローンと他のローンとの違いについて説明します。

住宅ローンは自宅にしか使えないローン

ローンには目的によって様々なものがあります。人生で一番最初にローンを組む体験をする可能性があるのは自動車ローンでしょうか?自動車ローンは個人が自動車を買うために組むローンですね。その他にも企業が金融機関から融資を受ける事業者ローン(ビジネスローン)、子どもの教育資金として教育ローン、目的を問わない多目的ローンというものもあります。

さらに身近なところではクレジットカードもクレジットカード会社からお金を借りているのでローンの一種です。

基本的なお金を借りて、後日返済していく部分では住宅ローンも他のローンと大きく変わりません。ただし住宅ローンは目的として「主体的に居住する住宅の購入や改築(リフォームローン)」に限定されます。

不動産投資などでローンを組んで行う場合は、住宅ローンではなくビジネスローン(投資用ローン)となります。あくまでもローンを組む人が住むという条件で住宅ローンが組めます。もちろん車の購入や他の借金返済のために住宅ローンを組むことは出来ません。

住宅ローンはローンの中でも多額になりますが、自己の住宅のために組むローンなので返済のリスクが少なく、お金を貸す側としても資金が回収しやすいことから、他のローンに比べて低い金利になっていることが特徴です。一方、そのために審査などが他のローンに比べて厳しく、さらに目的が制限されていることも特徴でしょう。

ローンの中でも抜群にお得な住宅ローン

ローンは借金ですので金利がつきます。しかしながら貸す側(金融機関)が資産である住宅を担保設定でき、貸し倒れを起こしても担保物件を売却できる点などからリスクが低く、他のローンと比べて圧倒的に低金利です。

・自動車ローン 2%~5%
・カードローン 5%~18%
・ビジネスローン 10%~18%(投資用なのでリスクが高い)
・アパートローン 5~8%(投資用でもアパートに担保設定が出来る)
・住宅ローン 0.8%~2%

上記のローン比較を見ても圧倒的だということが分かります。今では上手に使うことで短期間で1%を割る金利設定も可能です。さらに政府による減税施策や、ローンを組むことによる預貯金分の金利を考えると住宅ローンがかなりお得なことがわかると思います。

住宅ローンの他のローンとの違いのまとめは2つ

違いでは2つの点を覚えておくとよいでしょう。

・住宅ローンは自分が住む住宅購入資金としてしか利用できないローン
・住宅ローンは貸す側リスクが低いため他のローンと比較して金利が低い

ローンを活用するなら圧倒的に住宅ローンということがわかると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ